ネパールってどんな国?

 ネパールは中国とインドに挟まれた、人口は約2460万人で総面積14.1万平方kmで(北海道+九州+四国)とほぼ同じ大きさ。東西約1000km、南北約150kmに広がっており、北部は世界の屋根といわれるヒマラヤ山脈に接したネパールと中国の国境地帯は標高8000mを超える。

 南部はインドへと続くタライ平原は海抜100mほどしかなく、高低差がはげしい地形で首都カトマンズは標高約1400m。またカトマンズ盆地は世界遺産に登録されており、歴史ある寺院や宮殿が密集し、古都らしさと活気があふれた街並みも特徴。

 その他、『チャンドラコットの丘』は絶好のハイキングスポットで世界中の旅行者が絶対訪れる場所で、山の頂きから眺める景色は絶景で忘れられないという方も多いとか。

 ネパールというと寒い国だと思う人が多く、それは山岳地帯のことで首都カトマンズを含め多くの人が住んでいる地域は亜熱帯および熱帯。

また、ジャングルでのサファリやラフティングなどさまざまなアクティビティも楽しめ、各所にブーゲンビリアやハイビスカスがあちこちに咲き乱れている、のどかな雰囲気が旅行者を虜にするのも納得!

Copyright © maya All Rights Reserved.